猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ピーター・セラーズ ( 1 ) タグの人気記事

capucineという人

ブログ上で使っているcapucineという名前は、
もともと自分が猫を飼うときに名付けたかった名前でした。
このcapucineという名前の由来はフランスの女優さんです。
ブログタイトルの元ネタとなった『何かいいことないか子猫チャン』や
『ピンクの豹』、『サテリコン』などの映画に出演しています。


   『ピンクの豹』より 夫のクルーゾー警部と
c0079142_15532585.jpg『ピンクの豹』とはピンクパンサーシリーズの第一作です。
capucineはピンクの豹という宝石を守るクルーゾー警部の夫人であり、その宝石を狙う大泥棒ファントムの愛人でもあるという、善悪の二面性を持った大人の魅力満点のモテモテ女を演じています。そして、『何かいいことないか子猫チャン』ではすぐ男の人に惚れてしまう色情欲の塊のような色っぽい女性を演じていました。


                        『ピンクの豹』より 愛人の大泥棒ファントムと
c0079142_15534458.jpgちょっと癖のある役が多い彼女ですがその上品な雰囲気や聡明そうな外見のため、不快感を覚える役柄にはなっていません。むしろ気持ちがいいくらいの潔さで憧れてしまいます。そんな彼女の男の人に甘えたり突き放したりといった気まぐれなキャラクターが、私にはまるで猫を見ているかのように映りました。


猫は遊びたいとかご飯が欲しいとか自分の欲求を満たしたいときには、
舐めたり頭突きをしたりとものすごいアピールで甘えて来ます。
でも自分がかまって欲しくないときは飼い主が見えていないんじゃないか?
と思うほど知らん振りです。呼んでも返事もしません。
いつか優雅な女の子の猫を飼ってcapucineと呼びたかったのです。
でも、シマは男の子だし、この外見にはとても似合わない名前だし、
飼う前に名前付いてたし…ということで私の名前になったのです。
私自身はcapucineとは似ても似つかない人ですけどね。
[PR]
by capucine40 | 2006-08-29 10:27 | movie