猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:friends( 11 )

夫婦で結婚式

先日、伊右衛郎さんの会社の後輩くんの結婚式に招待していただき、
夫婦で出席させていただきました。
そんな日でもうちの旦那サマはやっぱり仕事があります。
朝一番で会社へ送って、新車の納車に行っている間に
私は美容院へ行ってヘアセットをして来ました。
会社で待ち合わせて旦那さんの上司や同僚、事務員さん、
その2人のお嬢さんも一緒に出席しました。
2人がリングガールを務めるということで、新郎と一緒に入場したのですが、
7歳のRちゃんはちょっとやきもきを焼いて、かなりムッとしてました。

c0079142_16223091.jpg


今までは、きゃ~素敵!わ~すごい!!うぅぅ~感動!!!。
そんな感じで楽しんでいた結婚式でしたが、
自分が結婚式をしてから初めて出席した結婚式はかなり見方が変わりました。
ペーパーアイテムやたくさんのフォトフレームに飾られた写真を見ると、
どれも手作り感がいっぱいで準備の大変さを思い出しましたし、
新婦さんのドレスやブーケも、たくさんの時間をかけて、
悩んで悩んで決めた1品なんだと思うと、じ~っと見てしまいます。
バルーンリリースやケーキカットも中庭で行われてとても素敵な披露宴でした。

c0079142_16205785.jpg


私より6つも若いお嫁さんだったので、ドレス姿が本当にかわいかったです。
サーモンピンクのドレスはすごくエアリーな感じでお似合いでした。
私は若かったとしてもピンクは似合わない顔立ちなのできっと着れませんが・・・。
新郎くんも髪にキラッキラのラメを付けての再入場でオシャレでした。

c0079142_16211859.jpg


お2人とも本当に幸せそうで常に笑顔が耐えなかったので、
いつまでもこの日を忘れずに仲良く人生を歩んで行って欲しいな~と思います。
という私もすでに結婚式から1年と経たないうちに忘れてるなぁ・・・。
[PR]
by capucine40 | 2008-04-05 16:41 | friends

お土産付きランチ

お友達の中田似のかご屋さんが、仕事で常滑に陶器の買付に来たので、
一緒にお昼を食べることになりました。
今日はタイ料理のお店『ライタイ』で。
私はタイ風焼きそばパッタイのランチ、彼はグリーンカレーのランチをチョイス。
パッタイは甘酸っぱさが癖になる味です。
私は家でも月に一度くらいはタイカレーを作るくらいタイ料理が好きです。
苦手な人が多いと言われるパクチーも大好きです。

c0079142_156562.jpg


帰りに中田似のかご屋さんからは、毎年恒例の雑貨を頂きました。
今まではかご製品の取り扱いが多かったけれど、
最近はガラスやホーローの小物入れもあって、
スパイスラックや傘立て、パスタを入れる瓶などたくさんお土産をもらいました。

シマが寝るためのかごも新調することができ、新しいベッドでさっそくくつろいでいました。
シマの体重の増加は数字で常に把握していましたが、その成長ぶりに改めて驚きます。

c0079142_15431100.jpg


右にあるかごは、シマがうちにやってきた頃に入っていたものです。
いやはや1年8ヶ月で本当に大きくなったなぁ。

☆おまけにいつも何かしらやらかしてくれるかご屋さんのエピソードを一つ。

8月の私の結婚式で実はクロークにルイ・ヴィトンのカバンの忘れ物がありました。
スタッフの方に「私が持って帰って持ち主を探します」と言いましたが、
「きっと気付いて取りに戻られるでしょうから」と言われ会場に置いて帰ったのです。
その後二次会、三次会とバタバタしていて忘れていたのですが、
スタッフの方からも連絡が無くきっとすぐに誰かが取りに来たんだと思っていました。
そして今日のランチでかご屋さんから真相を聞くことに…
もちろん持ち主はかご屋さんでしたが、彼が忘れたことに気が付いたのは翌日。
車に乗ろうとして鍵がないことに気が付き、カバンが無いことに気が付いたそうです!
車も動かせない彼は翌日また電車に乗って、セントレアまで行ったそうで……
本当にご苦労様でございました。
[PR]
by capucine40 | 2007-10-22 22:01 | friends

大学の先輩から人生の先輩へ

今月からサービス業で平日休みの伊右衛郎さんに合わせて、
私も土曜日出勤の日・月休みになりました。
今までのようなカレンダー通りの休日だと、完全なすれ違い生活になります。
こんな時は融通が利くので、capu父の会社で働いていて良かったと思います。

待ちに待った日曜日、大学のスキーサークル時代の先輩とランチをしました。
大学の先輩と言っても彼女が卒業した次の年に私が入学したので、
在学中は全く重なってはいません。しかしOGとしてサークルに遊びに来てくれて、
地元が近かったこともありとても可愛がっていただいた先輩です。
よく(かなり?)お酒を飲みサバサバとした性格の為、最初はとっても怖かったのですが、
本当は料理上手でとても優しい方でした。
昔は飲み専門でしたが、今日は地元のフレンチレストランで贅沢ランチ。
初めて訪れたお店『ラミティエ』のお料理はあまりの美味しさに感動でした。
きっとリピーターになると思います。
先輩からは結婚のお祝いにプリザーブドフラワーのフレームを頂きまたまた感動。

c0079142_13384653.jpg


先輩の同期である奈緒子先輩が作られた作品で、カラーも私好みの素敵なプレゼントでした。先輩が結婚された際にもウェルカムボードからブーケ、リングピローまでも
『ベルヴェール』さんに依頼されたそうです。

先輩はただいま妊娠5ヶ月ですが、結婚式にも出て頂けるので嬉しい限りです。
スキー部の先輩、社会人の先輩、主婦の先輩、母親の先輩として
いつまでも良いお付き合いができたらいいなぁと思っています。
[PR]
by capucine40 | 2007-07-10 13:54 | friends

最高の男ともだち

大学生の頃バイトをしていたコメダ珈琲店の仲間は、
今でも不定期に集まってひたすら飲み明かす最高の友です。

最年長のアイーダさんは一児のパパで、最近マイホームを購入しました。
私より1つ年下の蔵さんは一昨年のクリスマスにめでたくゴールイン。
私の結婚が決まったので先週お祝いの会を開いてくれました。
場所は私が十代の頃から通っている鉄板焼きのお店。
安くておいしいので最近はいつもここに集まります。
大将にもやっとお嫁に行けましたと報告できました。
不器用な彼らがお祝いの品をプレゼントしてくれて本当に驚きました。
ビール好きで猫好きで陶芸好きの私に、
猫が描かれている陶器のビアカップを選んでくれました。
陶器には『ニャンとやさしい素敵な仲間 心すくわれる』と書かれています。

c0079142_1020778.jpg


中田似のかご屋さんからは、お見送りの際プチギフトを入れる為のかごと、
フラワーシャワーの花びらを入れるかごを貰いました。
残る独身は中田似のかご屋さんだけですが、最近昔の恋人とよりが戻ったそうで、
おめでたい報告を聞く日も近いかもしれません。
中田さんが懐かしいコメダ時代の写真をたくさん持って来てくれたので、
こんなことがあった、あんなことがあったと、話がとても盛り上がりました。
久しぶりの再開を楽しんでいると、いつの間にか深夜2時をまわっていました。
上機嫌だった私は目が覚めてしまった伊右衛郎さん相手に今日のできごとをひたすら語り、
コテンと寝てしまったらしいです(記憶が曖昧です)。

c0079142_10203877.jpg


そして次の日さっそく中田似のかご屋さんから電話がありました。
なんだろうと電話に出ると「お店のメニュー持って帰ってきちゃった~!」とのこと。
たくさん持ってきていたアルバムと一緒にメニューまで持ち帰ったそうです。
[PR]
by capucine40 | 2007-06-21 12:11 | friends

生涯の友と呼べる人

昨夜はウダウダ会メンバーの花嫁ちゃんとYa~yaさんが
フレンチのディナーで私の結婚をお祝いしてくれました。
前菜は『サーモンとアボカドのサラダ』。続いて『フォアグラのソテー』
お魚料理は『スズキのグリル~アナゴのリゾット』
メインは『ホロホロ鶏のロースト』というコースでした。
ワインを飲みながらの本格フレンチにお腹も心も大満足でした。

c0079142_10112270.jpg


2人は高校時代のクラスメートでもう14・15年のお付き合いになります。
不定期に集ってはウダウダと飲んで食べて
どんなことも語り合ってきた酸いも甘いも知り尽くした親友です。
高校生の頃は模試の帰りに移動遊園地キルメスに行ったり、
私たちは見事第一志望の大学には合格できなかったけれど、
今思えば友情を育むのには何事にも代え難い大切な時間だったと思えます。

コースの最後にはデザートに『Bon Mariage』と書かれたクッキーが乗っていました。
お店の人に頼んでくれていたようで、思わぬサプライズに感激してしまいました。
彼女たちはいつもスマートに私のことを見守っていてくれて、
感謝という言葉では言い表せない程有り難い存在です。

c0079142_10142011.jpg


結婚が決まってから友達がどれだけ有り難い存在であるかということを、
改めて感じる日々を送っていますが、今の気持ちを忘れずに
生涯の私の財産としてこの関係を大切にしていきたいと思っています。
[PR]
by capucine40 | 2007-05-30 12:38 | friends

ハッピー・ビタミン・ウェディング

大学時代に所属していたスキーサークルの同期である、
ビタミンコンブくんの結婚式に出席するため浜松へ行ってきました。
久しぶりに同期メンバーが勢ぞろいしました。
近頃では誰かの結婚式でもないと集まる機会も減ってしまい、
今回の集合も2年前の国男くんの結婚式以来となりました。
それぞれまた変化があって、マイコンには2人目のお子さんが誕生し、
国男くんも8月にはパパになる予定だそうです。
同期同士で結婚したさゆママさん夫婦は1歳になるお嬢さんも一緒に出席でした。
10数年前は毎日毎日アホなことばっかりして過ごしていた私達なのに、
なんだか落ち着いてしまって、こんな日が来るとは思ってもみませんでした。

さて、ビタミンコンブくんの結婚式。
挙式や披露宴はとても素敵で本当にハッピーな気持ちになれました。

c0079142_1015980.jpg


c0079142_1023085.jpg


でも・・・彼の性格上、何かあるだろうとある程度の覚悟はしていたのです。
国男くんの招待状にはスピーチ依頼のカードが入っていたそうですが、
それに気がついたのは招待状を見直した挙式1週間前のこと。
ビタミンコンブ君からは何の連絡もなかったようです。
そして結婚式当日、いつまで経っても国男くんのスピーチはありません。
ビタミンコンブくんはスピーチを依頼したことすら忘れていたようでした(>_<)
(もしかしたら、入れる人を間違えたのかもしれません・・・)
その上、当日になって「スキーサークルのお友達からお歌のプレゼントです!」
という司会者からの紹介にびっくりした私たち・・・。
みんなで『世界にひとつだけの花』を歌うことになっていたのです。
まさに寝耳に水で、しかも会場のみなさんには一緒に歌って下さいという
歌詞カードまで配られており、伴奏は奥様の演奏するバイオリン。
サプライズ連続のウェディングでしたが、なんとも彼らしくて笑いました。
そう、彼の性格は一言で言えば『テキトー』なのですが憎めない人なのです。

c0079142_1035017.jpg


そんな彼も素敵な奥さんに出会って、見ている私たちは心の底から安心できました。
最後には感極まって涙まで見せたビタミンコンブくん。
奥さんも「素直なところに惹かれた」とおっしゃっていました。

c0079142_1041813.jpg


素敵な結婚式に招待していただいた上にお花まで頂いてしまいました。
同期の幸せは私の幸せ!ビタミンコンブくん、いつまでもお幸せに~!!
[PR]
by capucine40 | 2007-04-15 09:58 | friends

プチやまや会

大学時代に居候していたリバーサイドやまやの仲間、エカーさんが
結婚式に出席するため名古屋にやって来ました。
居候会名古屋組のメンバーに声を掛け、集まったのは9人の仲間たち。
名古屋港の式場から地下鉄で駅前に出てくるのに、
環状線をグルグル回ってしまい結局タクシーで来た彼ら…
『地下鉄乗ってたらまた式場が見えて来てさぁ~』
260円で来れる所を2600円のタクシー代を払ったそう。

スタートから相変わらずのハチャメチャ振りに大笑いです。
顔を揃えるのは2年以上振りなのに、
同じ目的を持ち一つ屋根の下で苦楽を共にした仲間は、
それが昨日のことであるかのように会話が弾みます。
朝6時から朝食の準備をし、休む間もなくスキーに出掛け夕方からまた仕事。
そんな生活をしていても、寝る間を惜しんで飲んでいた学生の頃が懐かしい。
と今や3人の子供のお父さん、白馬村の虜となり永住してしまった彼、
仕事と主婦業の両立の為すっかり白馬ご無沙汰になってしまった先輩、
独身キャリアウーマンで最近マンションを購入した後輩などなど・・・
が我先にと口を開いて何が何だか分かりません。
そして、話はみんなの第二のふるさとである白馬のことに。
この記録的暖冬で白馬は雪不足。
私たちが学生の頃は今よりずっと寒かったよね。
吹雪の中で震えながら滑っていたよね。
太いつららも年々細くなり、今ではあまり見られないそうです。

18時からの宴会も楽しい時間はあっという間で気付けば終電。
話は尽きませんが後ろ髪引かれる気持ちで解散しました。
久々にリラックスした私は、生中を7杯飲んでしまいましたが
(他の方はもっと飲みます)翌朝の体調の悪いこと!
昔は平気だったのに…と追い討ちをかけて年月を感じさせた再会でした。

偶然にも先日頂いたお土産は『雷鳥の里』でした。
このお菓子は白馬の銘菓で、お茶菓子としてほとんどのお宿で出しているものです。
懐かしいと思っていたところにこの会の話が持ち上がったのです。

c0079142_1052304.jpg


一口かじるとあの頃の様々な思い出が蘇ります。
楽しかったことも辛かったことも、そして不思議な縁で集った仲間たちも
私の大切な大切な宝物です。
[PR]
by capucine40 | 2007-03-04 10:40 | friends

1月生まれの会

毎年1月生まれの友達4人で開催している周年記念祭は今年で6回目を迎えました。
昨年までは必ず1月に集まっていたけれど、男性2人がパパになったことや
私、お友達のぶたかつさんも仕事が忙しく今年は泣く泣く2月開催となりました。

地元で最も高台にある桜で有名な公園に集合したり、私のマンションで手巻き寿司
メインのホームパーティーをしたり、カラオケで一曲も歌わずに過ごしたり・・・、
と様々な周年記念祭をやってきた訳ですが、毎年欠かさず行っているのが、
バースディケーキを四人で吹き消すことと、プレゼント交換です。
ケーキにろうそくを立てて☆ハッピー・バースディ・トゥー・ウィー☆を歌います。
文法的には間違っていますが、響きが良くて訂正せずに歌っています。

c0079142_16355093.jpg


プレゼント交換は700円から始まって毎年100円ずつ金額を増やしています。
男女どちらでも使えるもので、尚且つ金額の上限が定められているので
プレゼント選びには毎年とても時間がかかります。
私はダイエット用のバランスボールを選び、あみだクジの結果Booさんの
手元に渡りました。私はRinさんからムーミンのスープカップをもらいました。

昨年から新たに加わったイベントなのですが、
会の最後にはインスタント証明写真機で記念撮影をします。
プリクラでないところが気に入っていて、狭いボックスの中に無理やり
4人で入り込んでキュンキュンになって写真を撮るのです。
この会は結婚しても何歳になっても続けていこうと誓い合っているのですが、
インスタント証明写真機に押し込まれている50歳代の男女を想像すると、
ちょっぴり怖い気もします・・・。

解散するときに必ず出る言葉・・・それは「1月生まれで良かった~」の一言です。
[PR]
by capucine40 | 2007-02-04 17:34 | friends

憧れのスミレちゃん

c0079142_15491756.jpg中学時代からの友人であるスミレちゃんが
新居に引越ししたので、昨日、1年近く振りに
ケーキを片手に会いに行ってきました。
今までは彼と2人で1Kに住んでいましたが、
あまりに生活しづらくて2LDKの新築マンションへ
転居したとのこと。

スミレちゃんは私の友達の中で、最も派手で波乱万丈な人生を送っている子です。
彼女は3年前、5歳年上のお姉さんと一緒にパブをオープンしました。
開店当時は忙しくて、ママのバースデー・パーティーや周年パーティーがあると
私もお手伝いに借り出されて、慣れないホステスをしていました。
スミレちゃんのバースデー・パーティーでは、
お客さんからウェディング・ケーキのような特注サイズのケーキが届き、
お店はプレゼントや豪華なお花で溢れていました。
ボックスが2つとカウンターだけの小さなお店なのに、
一晩でドンペリが20本も入ったり、シャンパンタワーの注文が入ったり。
私の住んでる小さな町でもこんな光景がっ!と最初は驚きの連続でした。
とにかくお店でのスミレちゃんは天使のようにキラキラしていました。

それでも仕事を離れると、スミレちゃんは普通~の女の子です。
こうと決めたらこう!という男っぽい所があって頼りになるし、
大好きな彼にはとことん尽くす可愛らしい一面もあります。
と~ってもスリムなのに存在感があっていろんな面を持っている憧れの人です。
そんな彼女はマンションへ引越して来た最後の住人だということで、
現在組長さんをやっているそうです。
ご近所さんへ市報を配ったり、赤い羽根募金のお願いへ行ったり。
普段の生活とのギャップが大きすぎて、思わず笑い転げてしまった私でした。

昨夜はお友達のアンニョンさんも一緒に行きつけの韓国料理屋さんへ行きました。
昨日は日本ではあまり食べられない『ケジャン』があって注文即決!
辛い!辛い!とおいしい料理を食べながら、ちょっぴり辛みのある話を3時間・・・。
足のむくみで出掛けるのが億劫になっていた今日この頃には良い気晴らしになりました。


c0079142_15331572.jpg
そういえば、家のクローゼットには以前着ていたドレスが
出番を無くして眠っています。
派手なドレスを着て髪を巻いてお店に出るような
パワーはもう無いけれど、時々お店に顔を出すメンパブの
イケ面ホストくん達の顔を目の保養にたまには拝見したいな~
なんて今でも思ってしまいます。
[PR]
by capucine40 | 2006-11-27 16:57 | friends

籠の中の猫

うちにはありとあらゆる所に様々な籠製品があります。
実はそれら全~部頂き物。頂き先はお友達の中田似のかご屋さんです。
学生時代のアルバイト先で知り合った彼とはもう10年の付き合いになります。

彼は海外からかご製品や雑貨を輸入して業者に卸す仕事をしています。
空輸は高くつくので、そのほとんどは船で輸入されているそうです。
しかし、輸入の途中で鳥のふんが着いたり、欠陥品が輸入されることもあるそうです。
梱包しているダンボールなどにふんが着いただけで商品としては問題ないのに、
売ることはできないということです。
なので、半年に1度くらい、それらの商品はうちに運ばれて来ます。
欠陥品と言っても素人目にはほとんど分からない程のものなのです。

籠製品はゴミ箱から、脱衣かご、タオルを収納したりもしています。
トイレの棚に置いてトイレットペーパーを入れておいたり、
ワゴンと組み合わせて、食品を収納したりもしています。
えんぴつ立てやリモコンを入れておくための小物入れも充実しています。
何よりもナチュラルでシンプルなものが多いので、
飽きないし場所も選ばずとても重宝しています。
この籠はシマもお気に入りで開けると必ず飛び込んでしばらくくつろいでいます。

c0079142_11343226.jpg


c0079142_11345225.jpg


しかし、面白いのは使い始めて2・3年経った頃。
1箇所のビスが取れたり、籐の網目がほつれてきて、まるで『8時だよ!全員集合!!』
のセットのように突然バラバラになるのです。
そんな時、やっぱり欠陥品だったんだ~!と自覚するのですが、
その頃にはまた新しい籠がうちに運ばれてくるのです。
[PR]
by capucine40 | 2006-10-12 12:45 | friends