猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:sima-cat( 46 )

シマが語る、ボクのこと。

ボクがCapucineと出会ったのは去年の8月。
草むらの中で兄弟とお母さんのおっぱいを飲んでたら女の人が見に来たんだ。
ボクたち兄弟は怖くて逃げたけど、どうやらその人はお母さんのお友達みたい。
ボクのお母さんは黒い猫で、お父さんは『ウシ君』って呼ばれてるから、
きっと牛に似てるんだろうな。
兄弟はみんな真っ黒なのに、ボクだけはお父さんに似て縞模様に産まれて来た。

c0079142_15564662.jpg


ボク達一家は、秋になっても家族みんなで過ごしてた。
Capucineの会社の駐車場は陽当りが良くて気持ちいいんだ。
でも、冬になったらこの辺りの野良猫の仲間から猫カゼが流行りだしたんだ。
ボクも目やにで目が開けられなくなって、鼻水とくしゃみが止まらなくなった。
心配したCapucineが病院ってところに連れて行ってくれたんだけど、
知らない男の人に散々な目にあわされたよ~。
点滴とか注射とかいっぱい刺されて、目にも薬を入れられたんだ。
毎日そこに連れて行かれたけど、ボクの病気は全然良くならなかった。
ボクの友達に同じ目薬を点したらすぐ良くなったのに…。

今度はレントゲンを撮ったり血を採って検査をしたり、もう嫌になったよ。
その後、病院の男の人とCapucineが真剣に何かお話してるんだ。
帰りの車でCapucineが教えてくれたんだけど、ボクは治らない病気なんだってさ。
いつも熱が高いのもそのせいなんだって。
それから血の濃度っていうのが低いから体を動かすのも大変なんだ。
ボクと同じ病気の猫たちのほとんどが数年後に体に腫瘍が出来て
死んじゃうんだよってCapucineが泣きながら言ってた。

ボクは家族のいる寝床に帰るつもりだったんだけど、
外だと病気が悪化するからってCapucineの家に泊まることになったんだ。
初めて普通のお家を見たから、最初はちょっとビビっちゃって
コタツっていう小さいお家にずっと入ってたんだ。
でもトイレも行きたいし、お腹も空いたし…と思って出て来たら、
大きい箱の中で綺麗な服を来たお姉さんが氷の上を踊って滑ってるんだよ。
ボク本物だと思ったから思わず追いかけちゃったよ~。

まぁ、そんないきさつがあってCapucineと暮らすことになったんだけど、
温かくなってきたらカゼも良くなって元気になってきたんだ。
Capucineは朝が苦手だから、毎日ボクがペロって舐めて起こすんだ。
会社に行く準備をして「出掛けるよ~」って言われたらキャリーの中に飛び込むんだ。
それから車に揺られて鳥を見たりしながら通勤してるんだよ。えらいでしょ。

c0079142_15571799.jpg

あとどれくらいCapucineと一緒に暮らせるのかな~。
なんか何十万頭っていう野良猫が処分されてる世の中みたいだから、
ボクは幸せだったのかな~。
Capucineはよく『私がシマから元気をもらってる』って言うけど、
ボクも少しでも長い時間一緒に居れたらいいなって、爪研ぎしながら思ってるよ。
[PR]
by capucine40 | 2006-08-03 15:59 | sima-cat

新しいオモチャ

シマのご飯やトイレの砂は重くて運ぶのが大変なので、
ネットショップで買うことが多いです。

猫の必需品の爪とぎ。
長方形のものが主流ですが、円形のものを見つけました。
とぎカスが真ん中に集まるので、部屋が汚れず大助かりです。

オモチャもいくつか買ったけれど、遊ぶ遊ばないはシマ次第。
私には判断できないので賭けです。
そしてダメ元で買ったねずみのオモチャ(通称…ねず公)はシマに大ヒット!
飽きもせず2時間も遊んでいるので、すぐボロボロになりそうです。

c0079142_17205632.jpg

                     ■遊び疲れた~■


価格はなんと10円!!
おそるべし、ねず公~!!!
[PR]
by capucine40 | 2006-07-30 17:39 | sima-cat

落としモノ

シマがやってきてから、部屋を掃除するときに、
今までは決して見ることのなかったおもしろい落としモノ
発見することがあります。

c0079142_9555165.jpg

                    何か分かります???


剥がれたと抜けたヒゲです。
爪は時々爪切りで切ってやるのですが、すぐに爪とぎをするので、
その途中で古いツメがポロリと取れるようです。
下からは鋭く尖った爪が現れ、これが痛い!!
シマはお父さんの白ヒゲとお母さんの黒ヒゲ
両方譲り受けて、めずらしい白黒2色ヒゲを持っています。
ヒゲは寝相が悪いのでいつも明後日の方向に折れ曲がっています。
しばらくすると折れたところから千切れてしまいます。
抜けることもあるようです。
ヒゲが落ちているとなぜかうれしい。

c0079142_957551.jpg


今日はいつ作ったのか…頭のてっぺんに直径3mmくらいのハゲが!
(発見は飼い主Capucineではなく、Capu父でした…。)
走りまわっているのできっとどこかでぶつけたのでしょう。
あんまり落としモノばかりしていかないでね~。
[PR]
by capucine40 | 2006-07-25 10:06 | sima-cat

シマ vs 懐かしの~

キャビネットの奥に眠っていたファービーを発見してしまいました。
コレって一世を風靡しましたよね。
私も流行の波に乗せられて買ってしまいました。

懐かしかったので、早速電池を入れてみました。
止まったと思うと動き出したり、黙ったかと思うとしゃべりだすのが、
シマ猫の闘争心に火をつけたようです。

c0079142_15435697.jpg

                  ■とりあえず触ってみよう■

c0079142_15441229.jpg

                   ■どんな匂いかな~♪■

c0079142_15442621.jpg

                 ■しゃべった!倒せぇ~!!■


シマはファービーがあまり好きではないようです~。
[PR]
by Capucine40 | 2006-07-20 15:12 | sima-cat

発作

シマが久々に発作を起こしました。
咳ともくしゃみともしゃっくりともとれないような
症状が2・3分続くことが時々あります。
携帯電話で動画を記録し、獣医に見せたこともありました。
感染症から来る鼻炎が慢性化したものだろうと診断され、
抗ヒスタミン剤を処方されましたがシマにはまったく効き目なし。
以前は症状がとてもひどく、1日に何十回と発作が起こり、
鼻血が飛び散ってしまうほどでした。
最近はかなり落ち着いてめったに出ていなかったのです。

今日は舌をだら~っとたらしてヒックヒク言っています。
とても苦しそうなのですが、どうしてやることもできないので、
とりあえず治まるまで背中をさすってやっています。
しかし、発作が治まっても舌が元の位置に戻らずジッとしています。
このまま呼吸が止まってしまうかも!?
心配し動揺するCapucineをよそに、
彼は突然元気に走り出しベッドへとダイビングしていました…。
[PR]
by capucine40 | 2006-07-17 17:22 | sima-cat

大嫌いな薬

シマは猫白血病ウイルスの影響で貧血を起こしているので、
病院で処方された漢方薬を毎日飲んでいます。
薬はつるっとした糖衣錠ではなく、粉っぽい錠剤なので
この質感を嫌ってなかなか飲んでくれません。
薬の表面が唾液で濡れると歯茎や喉にくっつくようで、
それが気持ち悪くて必死に吐き出そうとします。
しかし、毎日のことなので何時間も格闘しているわけにはいきません。
結局無理やり口を開けて喉の奥へ放り込むことになります。

シマは晩ごはんを食べ終わると「遊んで~!」アピールがすごいので、
遊ぶ前に薬を飲ませることにしました。
そして、それが習慣となって三ヶ月経った昨夜…信じられない出来事が!!
遊ぶ準備をしている私の横で、彼が薬を飲もうとしています。
やはり口の中にくっつくのが気持ち悪いようで、吐き出しながらも
何度も飲もうとチャレンジしているのです。
これを飲んだら遊んでもらえると考えているのでしょうか。
あんなに嫌がっていた薬に自ら口をつけている健気な姿に感動し、
しばらく見守っていましたが結局飲み込むことはできませんでした。
でも飲もうとしてくれたことが何よりも嬉しかった~。

昨夜はいつもの倍の時間、シマと遊びました。
[PR]
by capucine40 | 2006-07-13 17:18 | sima-cat