猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
シマからの贈り物

早いものでシマとお別れして20日が経ちました。
シマの物は一気に処分したけれど、まだまだ居ないことには慣れなくて、
未だに窓ガラスに残ったシマの足跡を拭き取ることが出来ずにいます。

昨日は公開を待ち望んでいた『グーグーだって猫である』を観てきました。

シマを亡くした直後の私には観ていられない映画かも…と思っていましたが、
案の定、主人公・麻子さんの愛猫サバに対する思いがたまらく切なくて、
最初からボロボロ泣いてました。
特にサバの思い出の写真を飾るシーンが泣けましたねぇ。
みんな亡くした時は同じ気持ちなんだなぁと感じました。
悲しみから立ち直ることのできない麻子さんは二代目猫のグーグーを飼い始めます。

c0079142_162034.jpg

麻子さんは二代目猫は前の猫の分も愛されるから幸せだと言いますが、
やはりサバへの思い入れが強くてなかなか忘れることが出来ず、
夢の中で死んだサバと再会します。
サバは「あなたが私のことをよく知っているように、
私もあなたのことをよく知っています」と言います。

それを聞いてシマとの思い出が溢れんばかりに蘇ってまたうるる~っと来ました。
きっとシマも私のこといつも気にかけてくれてたんだろうな。
会社で夕方4時過ぎになるとそろそろ帰らないの?と
いつも私の膝によじ登って来たっけ。
トイレに行くと寝ていても起きてついてきたし、お風呂のときはずっと外で待ってた。
私が泣いた時はニャーニャー叫びながら私の周りをぐるぐる回ってたなぁ。
家に置いて行くようになってからは、出掛けようとすると玄関で通せんぼして、
帰宅するとドアのギリギリの場所で待ってました。

最後の病院の日も・・・。  
時間が遅くなってしまったので伊右衛郎さんにシマを預けて先に帰ってもらい、
私は晩ご飯の買い物をしてから帰宅しました。
病院で一緒だった私が家に居なかったから、
シマはふらふらの足で鳴きながら私を探していたそうです。
私が帰るとよたよたと廊下を歩いて迎えに来てくれました。
そんな数々の行動を私はシマが淋しくて自分を頼っているんだと思っていたけれど、
今思うとずっと私のことが心配でほっておけなかったんだと思います。

映画の感想を書くつもりがシマの思い出話になってしまいましたが、
『グーグーだって猫である』は小さな幸せを感じられる映画です。
猫と生活を共にすること。公園でビールを飲んで過ごすゆったりとした時間。
美味しいものを食べ歩く幸福感。大切な仲間との変わらない日常。

c0079142_16202840.jpg


c0079142_1620475.jpg

ちなみに私の大好きな楳図かずお氏もちょこちょこ出てきます!
猫飼いとしては、グーグーを外に出しながら、
病気になりませんように、事故に遭いませんようにと願う麻子さんに
「ん?」と思ったりしましたが、全体的にはほんわかと心が温かくなる映画でした。
思ったより猫のシーンがたくさんないので、猫好きさんでなくても楽しめると思います。

上映中、映写機の不具合で10分程映画が中断してしまったので、
上映後にお詫びということで無料鑑賞券が貰えました。
もしかしたら私の映画好きをよく知っているシマが
この映画をプレゼントしてくれたのかもしれませんね。
[PR]
by capucine40 | 2008-09-09 17:12 | movie

<< お散歩 旅立ち >>