猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そろそろ覚悟しなければ…

もう何もできないところまで来てしまったようです。
左眼は、上から下から、眼球の中にまで腫瘍のようなものが出てきて、
黒目がほとんど見えない状態になっています。
炎症がひどいのか…鼻血も止まらず、鼻呼吸ができないので、
ご飯が食べられなくなってしまいました。
鼻や眼をタオルで拭いてあげようとすると痛いのかすごく嫌がります。
今のシマはただ横になって苦しそうに呼吸をしているだけです。
何もできないです。見ていることしかできないです。

かなり辛そうなので、早く楽になりたいのではないか?
という考えも頭に浮かぶことがあります。
もし抗がん剤治療を選ばなければ、ここまで病状が進まず、もっと楽な症状で
看取ってあげられたのかもしれないと悩むこともあります。
病院へ行くとついついそんな言葉が出てしまいます。
そんな時、先生は『動物には死にたいっていう想いはないですよ。
どんな状態になっても生きようとする強い生命力を持っています。』
と言葉をかけてくれました。
そして抗がん剤治療を選択したことに関しても、やれば辛い思いをさせたと
後悔するし、やらなければもう少し長生きさせてあげられたかもと後悔する。
どんな選択でもその子のことを思ってやったなら間違いはないです。
とおっしゃって下さいました。

今日はシマのお母さん(黒母さん)が会社に来ています。
あなたから預かったシマくん、病気だけど頑張っているよと話しました。
最後に、シマを黒母さんや弟のクロくんに会わせてあげたいと思っていたのに、
急激に症状が悪化しまって、連れてくるのは難しそうです。
どんな姿になってもシマはシマだけど、だんだん見るのが辛い姿になっています。

c0079142_10563094.jpg

                ■今日のショットはシマと産みの母■
[PR]
by capucine40 | 2008-08-01 11:10 | sima-cat

<< 医者が匙を投げても 毎日泣いている… >>