猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
再発

シマの状態が急激に悪くなってしまいました。
突然動きがトボトボになり呼吸が速くなってきました。
最近下痢もないし、ヒゲもしっかり生えて来たし、
元気なことを喜ぶ一方でおかしいなぁ~とも思っていたのですが…。
やはり抗がん剤が効いていなかったようです。
昨日までとても元気だったのに、この病気は本当に油断できないです。

c0079142_16364180.jpg

                 ■調子の悪さは顔で分かります■

病院へ連れていくとまたリンパ腫が成長して軌道を圧迫していました。
かなり早い段階で気がついたので、先生も診察して聴診器を当てたときに
「う~ん。なんともいえないですね。とりあえずレントゲン撮りましょう」
という感じでしたが、嫌な予感は的中しました。
シマの場合、再発というよりも再々発に近いので使える抗がん剤が限られます。
しかし、もうまった無しの状態なので確実に今出来る治療を選択しました。
今回は筋肉注射で投与する抗がん剤を使いました。
先生曰く、すっごく痛いらしく、ためらうと飛び上がるかもしれないので、
太い針で一瞬でいきます!とシマが私の顔を見ている間にお尻にブスッと差しました。
すると今までに無いくらいの叫び声を出してシマが先生を威嚇しました。
私の方を見ていたのに誰が痛いことしたのか分かったみたいです。
先生はさっと注射器を体の後ろに隠したのですが、かなりシマに睨まれてました。

体の小さい猫は腫瘍が1mm大きくなっただけも体に大きなダメージをうけます。
だから限界を超えた時に急激に体調が悪くなります。
でも、がん細胞が抗がん剤に少しでも反応して1mmでも縮めば、
シマはまた前日までのような生活が送れるということになります。
今はまだご飯も食べられるし、朝も起こしてくれます。
せめてリンパ腫の大きさを現状維持できることを抗がん剤に期待したいです。
[PR]
by capucine40 | 2008-07-08 16:37 | sima-cat

<< 悪化 待望の7月 >>