猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おヒゲが生えてきたよ!

今日はシマの病院の日。
4月はずっと体調が今ひとつだったシマですが、何も問題なく診察が終わりました。
先月から今月にかけて白血球の数値が戻らないので予定通りの抗がん剤が打てず、
副作用でずっと下痢と便秘を繰り返していました。

c0079142_1645378.jpg


抗がん剤に対しての副作用があまりに大きいので、今はオンコビンという
抗がん剤一本を、通常の3/4の量で投与する治療をしています。
口から飲ませるシクロフォスファミドという錠剤の抗がん剤は、
シマには強過ぎるのでしばらく見送りです。
ほとんど抜けて一本になってしまっていたヒゲも、抗がん剤の量を変えたら
わんさか生えてきて、何と言ってもシマが元気で食欲があり、
体重も念願の5kg台(正確には5.35kg)に戻ってくれて本当に嬉しいです。

c0079142_16475665.jpg

             ■網戸に登り・・・食器棚に登り・・・元気すぎて困る■

c0079142_16481822.jpg


抗がん剤は投与量が多すぎても少なすぎても意味がないので、
この匙加減は獣医を信頼するしかありません。
シマは一般的な量と同じだけ投与してしまうと、副作用が強く出て、
決められた期間(今は3週間に1回)での抗がん剤投与ができないスローペースな子
なので残された時間もゆっくり過ぎて行くのでは?と思っています。
病院の先生も薬に対する反応が強い子は、
比較的生存期間が長い気がすると言っていました。

最近はどこにも遊びに行けないし、予定はシマの病状に左右されっぱなしだけど、
まだまだシマと過ごせることが本当に有り難いと思います。
[PR]
by capucine40 | 2008-05-23 21:37 | sima-cat

<< さよなら、フリーザー 夫婦で結婚式 >>