猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
薬の副作用

シマは新しい抗がん剤が効いたようで、現在とても元気に毎日を過ごしています。
今年に入ってからは体調が悪いせいか、全く一緒に寝てくれなくなったのに、
最近は毎日布団のど真ん中で寝てます。
なので私は布団の隅に追いやられ、かなり寝心地が悪いのですが、
朝目覚めた時に眠った時と変わらないシマの顔が横にあるだけで、
そんな思いは一瞬で吹き飛んでしまいます。

c0079142_11341430.jpg

               ■こんな格好もできるようになったよ■

ずっと食べられなかったご飯も食べられるようになり、
栄養価の高いドライフードをたくさん食べてくれるので、
ひとまず体重の減少は落ち着きました。
ただ、薬の副作用で少々下痢気味なことと、嘔吐が一度ありました。
今はステロイドと抗生物質を飲ませています。
以前飲んでいた漢方薬のように進んで飲んではくれないので大変です。
元気のなかった時は抵抗する力もなかったので飲ませられましたが、
体力の回復した今は逃げ回り暴れまくる。
それでも無理やり飲ませる私はシマに嫌われつつあります。
嬉しい悲鳴なんですけれどね~。

c0079142_11343523.jpg

            ■伊右衛郎さんに買ってもらったチーズのお家■

薬の副作用は長期に渡って使用する程出やすくなるそうです。
今週は錠剤の抗がん剤を飲ませなければなりません。
この薬はとても強いので獣医師からは
ご主人が手袋をして飲ませて下さいと念を押されました。
副作用で胎児に影響が出たり不妊の原因にもなるそうです。
そんなのシマに飲ませて大丈夫なんだろうか…とかなり不安です。
飲ませた後に膀胱に薬剤が留まると、膀胱炎になることもあるそうで、
投薬して二時間後には利尿剤を飲ませて尿を排出させます。
伊右衛郎さんは薬を飲ませるのが下手だし、
この日は将来出産予定のないcapu父かcapu母にお願いしようかと思っています。

薬の副作用は怖いけれど避けられないものです。
先生は抗がん剤治療は格闘技に似ていると言っていました。
相手(がん)にダメージを与えようと殴れば、自分の手も痛い。
それが副作用なんだと。
そして決して相手(がん)を殺すことはできないけれど、
もう立ち上がることが出来ない状態まで叩く。
油断をして叩くことを止めれば相手(がん)はすぐに復活するのです。
自分の手に限界が来るまでは叩き続けなければなりません。
シマが最強の格闘家と信じて、私たちは応援するのみです。

c0079142_11345458.jpg

                    ■これでも格闘中なんだよ■
[PR]
by capucine40 | 2008-03-12 11:38 | sima-cat

<< ストレス発散、イタリアンランチ 新しい病院へ >>