猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
薬が効きません

シマの状態はその後も変わらず、体重はついに4kg代になってしまいました。
最近はご飯もほとんど食べず、スープタイプの缶詰を舐める程度です。
日によって体調の良い日と悪い日があるようです。
良い日はまだ朝になると私を起こしに来てくれます。
悪い日は北側の暗い部屋の隅にうずくまって鼻と口で浅い呼吸しています。
呼吸が速く、もうダメなのかな…と思うくらい悪い日もあります。

薬が効いていないのか、肺は真っ白なままで
以前のような劇的な変化を見ることはできません。
抗がん剤を投与しても以前は1日グッタリだったのに、のそのそと歩いています。
抗がん剤が体にダメージを与えないということは、
ガン細胞に対する効果も得られない可能性が高いのかもしれません。
しかも、左の肩にこんなに大きな脱毛の痕を発見。
病院の先生は皮膚病ではなさそうなので薬の副作用かストレスでは?
と言っていました。

c0079142_15494544.jpg

                  ■は、禿げちゃいました…■


シマは元気だと言っても、本当は心底元気だなぁと思ったことは
今年に入ってからはありません。
元気だと判断する元気さの基準が下がっているだけで・・・。
以前当たりまえのようにしていたことをするだけで、
今日のシマは元気だね~と言ってしまっているのです。

抗がん剤を打った日の夜は心配で熟睡できず、何度も起きて状態を見ています。
少し眠ると草むらを走り回っているシマの夢を見ます。
目が覚めると、そんな姿を見られなくなった現実に涙が出ます。
シマがうちにやってきてちょうど2年。
この2年間、24時間いつも一緒に居たから寂しいです。
シマに執着してしまっているのは、自分の為なのかなと思ったり。
助けられたのは私の方なんだなと思ったり。
病気と闘っているシマを見ながら、いろんなことを考えます。
[PR]
by capucine40 | 2008-02-23 16:00 | sima-cat

<< 新しい病院へ 戻ってしまいました >>