猫白血病キャリアと判明して生後半年で保護した愛猫シマ。2歳半でリンパ腫を発症し、7ヶ月の闘病生活を経て3歳と1ヶ月で永眠しました。猫と映画とお酒をこよなく愛するcapucineの日記です。
by capucine40
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一難去って・・・また一難

宝くじに当選して浮かれていた私の目を盗み、土曜日の朝シマがまた脱走しました。
今回は自分で網戸を開けて知らない間にお出掛けしてしまいました。
半開きになった網戸を見て仰天しましたが、
ベランダに出てみるとすぐ近くで鈴の音が聞こえました。
先日のように外の世界へ放り出してしまった訳ではなかったので、
本人が納得して外へ行ったのなら仕方ない。
二度目でこの辺りの地理も多少は把握しているだろうし。
ご近所さんにも頻繁に迷惑はかけられないから。
とあまり騒ぎ立てず餌を用意して待つことにしました。

最初はそのうち帰ってくるさと思っていましたが、夕方になっても
帰ってこないと次第に不安になって居ても立ってもいられなくなりました。
近所を探し歩きましたが見当たらず、マンションに戻ってベランダから
辺りを見回すと・・・裏のお宅の縁の下からへっぴり腰で這うようにして
お隣の庭へ移動するシマを目撃!あんなに怖がってるなら出なければいいのに
と心配ながらも思わず笑ってしまいました。
しかし、その後すぐに激しい猫の喧嘩の声。団子になっている姿が
想像できる程激しい音に混じって鈴の音が聞こえ、笑っていられなくなりました。
相手はきっとこの界隈のボスであろう尻尾の短い大きなトラ猫。
以前捜索したときにも何度かその猫に遭遇しました。

それから窓を開放したまま一晩を過ごすと1ヶ月前とは比べ物にならない程寒くて
この寒い中どこで過ごしているんだろう?とシマの体も心配です。
結局朝まで鈴の音を聞くことはなかったのですが、
賢いシマなら今回も必ず帰って来れるという確信が私の中にありました。
餌を新しい物に何度も変えて、ひたすら待ち続けた19時近く。
外で足音がします。帰って来た!?!?鈴が取れちゃったのかな???
覗いてみると憎っくきシマの天敵であるトラ猫でした。
気長に待とうと家事を始めると、鈴の音と共にベランダから部屋を覗いて
泣き声を上げるシマが34時間振りに姿を現しました。
逃げ出したことに負い目を感じているのかなかなか入って来ません。
近づいて名前を呼ぶと、またしてもシャーッと私を威嚇。
毎度のことながら本気で凹みます。
大好きな餌を開封すると駆け寄って来ましたが、歩き方が少しおかしいのです。
喧嘩で怪我したかな!?と思って見てみると首輪に右足が入って
たすき掛けのようになってしまっていました。
それから餌を2パック分ペロリと完食し、平然としている姿を見たら
叱る気もなくなってしまいました。

c0079142_14362987.jpg

              ■帰宅後すぐテレビを見る・・・呑気なものです■


帰ってきたシマは思い切り私に甘えてずっとゴロゴロと喉を鳴らしています。
こんなことは初めてだけれど、私に抱かれたまま眠ってしまいました。
そんな姿を見ていたらシマを叱りたい反面、ここが落ち着く場所なんだと
実感できてとても幸せな気持ちになれました。
外に出たい気持ちも分かるけれど、この調子でプチ家出されては困りもの。
これからどんどん気温が下がるし、待つ身にも寒さが染みることでしょう。
毎度お騒がせなシマ猫クン。やんちゃなお年頃かもしれないけれど、
しばらくはおとなしくしていてくれることを願うばかりです。
[PR]
by capucine40 | 2006-10-23 14:42 | sima-cat

<< シマの腹中を知る 億万長者への道 >>